廣重 東海道五十三次 保土ヶ谷

保土ヶ谷(新町橋)
江戸を出発した大名行列や、戸塚までたどりつくのが困難な人たちの最初の宿泊地でした。70数件もの旅篭で活気があり、道中奉行の命令により街道は常に整備されていた。ここまでが令制国名で言うと武蔵野国。現在の横浜市保土ヶ谷区。

b0093088_745610.jpg


廣重東海道五十三次歌川広重は、寛政9年(1797年)- 安政5年(1885年)歌川豊広門下岡島林斎から狩野派、大岡雲峰から南画を学ぶ。浮世絵師。
東海道五十三次は、東海道は五街道の1つであり、江戸時代に徳川家康の指示で作られ、当時の首都であった江戸と京都を結んでいた。 最も重要でよく使われる街道として、本州の東海岸近くを通っていたことから「東海道」の名がついた53の宿場を指す。


 「自然とのふれあい」をご覧下さった方は、是非1日1回クリックお願いします。


[PR]
by the-fuji | 2010-01-31 07:16 | 自然
<< 蝋梅 2 昇陽 >>