シナアブラギリ

b0093088_10561219.jpg
中国に自生、葉がキリに似ていて、種子から油をとったための名。若い実を切ると、油分が滲み出てくるそうです。
桐油は、かつては紙にしみ込ませて油紙とし、和傘や提灯を作った。絶縁用ワニス、塗料、印刷用油として使われている。
b0093088_1056236.jpg

[PR]
by the-fuji | 2011-10-25 10:56 | 自然
<< 花から花へ ケイトウ >>