オキザリス

きょうは「ビタミンの日」。今年没後70年を迎えた静岡市出身の鈴木梅太郎博士が1910年のこの日、米糠から抽出した脚気を予防する成分を、東京の学会で発表したことにちなんで制定された。
ビタミンは栄養成分の代謝や円滑な生理作用に欠かせない、13種類が確認されているそうだが、Aは「目のビタミンとも呼ばれる。年とともに目の不自由が増し、今日もこれから目医者に行かなければならない。

オキザリスの花は温度や光に敏感で、つぼみは日が射しているときは開きますが、天気の悪い日や夜は閉じています。 カメラ PENTAX K10  レンズ PENTAX 645マクロ 120mm

b0093088_844717.jpg


b0093088_844228.jpg

[PR]
by the-fuji | 2013-12-13 08:45 |
<< イルミナーション さるすべりの黄葉 >>